7・金魚用の水槽サイズと砂利

金魚は大人になると20から30センチになります。
一般の方は観賞用に1匹だけ金魚を買って育てて下さい。
金魚は大人になると糞の量もすごく、
1日にメダカ380匹分の糞と尿をします。
水がすぐ汚れるので必ず1匹だけを
なるべく大きな水槽で優雅に育てて下さい。

水槽サイズは90センチ水槽か120センチ水槽にして下さい。
これは糞を分解するためのろ材を多く入れるためです。
60センチ水槽ではろ材が少ないために
水の汚れを完全に分解する事ができず、
大人の金魚がいる場合毎日水換えしなければならず
会社勤めの方は それは絶対無理なので
なるべく60センチ水槽で金魚を買わないで下さい。
( 小型金魚のピンポンパールだけは60センチ水槽でも飼育できます。 )

60センチ水槽セットと90センチ水槽セットと
120センチ水槽セットと水槽台と
サーモスタットとヒーターは下記でご購入下さい。
(  ヒーターは水槽の水に入れてから電源を入れないと
火事になりますのでご注意下さい。 )
(  ヒーターは温度設定サーモスタットのコンセントに接続します。
普通のコンセントには水槽内の水か高温になり
沸騰したり火事になるので絶対に接続してはいけません。
ヒーターとサーモスタットは60センチ水槽は入っていますが
90と120センチ水槽は入っていません。
別で購入する必要があります。)

60センチ水槽セット

90センチ水槽セット
120センチ水槽セット

60センチ水槽台

90センチ水槽台
120センチ水槽台

90センチ水槽用 サーモスタット 300W

120センチ水槽用 サーモスタット 500W

90センチ水槽用サーモスタットに接続するヒーター 300W

120センチ水槽用サーモスタットに接続するヒーター 500W


水槽に土を入れると時間が経つと粒子が崩れて

泥沼のようになりますのでおすすめしません。
細かい砂漠の砂のようなサンドも
大人の金魚が餌を食べるとき一緒にお腹に入り、
死にますので
やめて下さい。
私は熱帯魚熟練者なので言いますが
水槽に敷くのはろ材と麦飯石砂利を混ぜた物にするべきです。
( リング状ではないろ材です。)
ろ材でしたら金魚も間違って食べる事はありません。
ろ材にバクテリアが増えるため
糞をすばやく分解してくれるため水換え回数も少なくてすみます。
水草も植える事ができます。
また麦飯石のミネラル栄養で肥料を入れなくても
水草が成長する事ができます。
大量のろ材と麦飯石とバクテリアは下記でご購入下さい。 

ろ材
麦飯石砂利
バクテリア


ろ材を敷く場合はエアーポンプを必ずして下さい。

ろ材のバクテリアが酸素を消費するため、
金魚が酸欠にならないようにするために必ず必要です。
60センチ水槽エアーポンプ
90センチ水槽エアーポンプ
120センチ水槽エアーポンプ